ここでは胃下垂の症状について、詳しく説明していきます。

胃下垂になっていても症状としては軽いものが多い為、多くの方が自分が胃下垂だと気付いていない場合があります。かくいう私も胃下垂と医師から告げられるまで、全くもって分かっていませんでした。それほど症状として軽いものだったということと、私自身が超が付くほどの鈍感であることも含めた結果ではありますが。


sponsored link




さて、胃下垂の症状には、胃もたれや食欲不振、食後の胃のむかつきや不快感、ゲップ気味になったり時には吐き気を催すこともあります。痩せている人でも下腹部がぽっこりと出ている、なんてこともあるでしょう。
胃の中では、食物が長く残ることで栄養を十分に吸収できなくなって、肌荒れなどの症状も出ることがあります。さらに酷くなると、胃はなんとか残留物を消化しようと多くの胃液を分泌するようになる為、胃酸過多となり胃炎胃潰瘍を併発する恐れがあります。

他にも胃下垂が原因となって、腸のトラブルの症状を引き起こすこともあります。胃が下腹部の薄い筋肉の場所に移動して冷えやすい環境下に晒される為に、冷え症になりやすかったり便秘や下痢といった症状を引き起こしてしまうこともあるのです。


sponsored link




このページを見た方は次のページもよく閲覧されています。

⇒ 胃下垂とは

⇒ 原因について

⇒ 胃下垂は太る?太らない?

⇒ 妊娠との関係


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る


sponsored link



[当サイトへの問い合わせ]
ikasui21★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。