ここでは胃下垂とは一体どんな病気なのか、詳しく説明していきます。

胃下垂とは読んで字の如く、「胃」が「下」に「垂」れ下がっている状態のことを言います。
胃の位置が正常であれば正面から見て大体みぞおち辺りに位置するのですが、胃下垂の人は程度によってへそや下腹部の辺りまで下がってきてしまいます。基本的に胃の上部の位置は変わらないので、胃の下部が伸びている状態です。


sponsored link




高身長で痩せ型の方に多いのが特徴ですが、それ以外の方でもなります。
胃を引き上げる筋力が弱くなって起こることや、ストレスなどの要因で胃の消化不良が消化物を残留させて起こることがあります。暴飲暴食も原因のひとつでしょう。
胃下垂になると、ひどい場合は慢性的な消化不良に陥り、栄養失調になってしまうこともあります。消化力も正常な胃と比べて、下手をすると3分の1程度まで下がってしまいます。
胃の不調が続くことにより、胃炎胃潰瘍を併発する恐れもあります。

昨今、ダイエットの為に胃下垂に進んでなりたいという若者が増えてきていますが、胃下垂は正常な状態とは言えず立派な病気と私は考えています。いくら体系維持の為とは言っても、やはり健康的な生活を送ってほしいと願います。


sponsored link




このページを見た方は次のページもよく閲覧されています。

⇒ 原因について

⇒ 症状について

⇒ 胃下垂は太る?太らない?

⇒ TOPページへ戻る


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る


sponsored link



[当サイトへの問い合わせ]
ikasui21★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。